So-net無料ブログ作成
検索選択

悲しいお知らせ、犬たちが死にました。 [愛犬]

今はもうブログはやってなくて、3年ぶりぐらいの記事です。
見てる人もいないかと。

2013.7.16 サクラ(ゴールデン

2015.7.10 リッキーコッカー

そして今日、
2015.7.29 私が買ってきた最愛の犬、リオン(ダックス)が永眠しました。

リッキーと同い年14歳以上で、同じ月に。
今月は二回も愛犬の火葬を。

うちにはもう犬はいなくなりました。

とても寂しいですし、とても悲しいです。
リオンは特にいろいろあったから。
放し飼いしてるクズ人間の犬に噛み殺されかけ、あの時死んでてもおかしくないぐらいの
恐ろしいほどの傷でした。生死をさまよう重体でした。
それでもお世話になってる超名医のおかげでなんとか息を吹き返してくれて、後遺症がありながらも
なんとか生きてました。

それからだいぶ経ち、ここ数ヶ月はずっと苦しそうでした。
心臓、肺、他ももう悪くて。ご飯も食べないし、だから薬も飲まない。
もういつ死んでもおかしくない状態でした。

でも、歩けないわけじゃなく、母が出先から帰ってくると喜んで軽く走りながら迎えに行ったり。
昨日の話で。

そして今日、親戚が来たんです。オレは心配してました。余計な体力を使うと。
正直言うと来て欲しくなかった。

そして、予想通り最期の体力を使い切ったということです。

ずっと苦しそうだった。

みんな出て、マットの上で横になったから、あ、これは落ち着いてゆっくり寝るかなと思い
その場を離れました。
そして数時間して様子を見に行ってみると、動かなくなってました。
目を開けたまま、口を開けたまま、独りで。

独りで旅立ってしまいました。
最期、一緒にいてやれず。
もっと早く見に行ってれば、何ならずっと側にいてあげれば、と後悔しかないです。

遅いですが、今はずっと側にいてあげてます。
深夜でも。

母にべったりで、いつも寝るのも一緒でした。
母は泣き崩れました。

もう、苦しまずに済むね、解放されたね、楽になったねと思うことで、
悲しみや後悔をまぎらわせてます。

今日もいつも以上に苦しそうにはしてたものの、自分で歩いたりしてたので、
まさかこんなに突然息をひきとるとは。

大好きな犬が、家族が一匹もいなくなると本当に寂しいですね。

そうは言いながら、うちには拾ってきたかわいくない真っ黒なネコがいますけどね。

ふー、みんな7月とは。
明日、火葬になるのかな。
神経質だったけど、本当にかわいかった。頭が良かった。

みんな、さようなら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。